入院(回復期)リハビリテーションの特徴

特徴


当院の回復期リハビリテーション病棟の特長を紹介します。

チームアプローチ


医師・看護師・ケアワーカー・医療ソーシャルワーカー・リハビリスタッフなどがチームでリハビリテーションを行います。

リハビリで伸ばした能力や介助方法などを看護師や介護福祉士と情報共有することによって、看護師や介護福祉士が病棟で関わる時にもリハ的な要素を含めた看護・介護を行うことができ、リハビリの効果をより高めることができます。


広い居住空間とリハビリテーション室



リハビリテーション室1

リハビリテーション室2

365日のリハビリテーションを実施しています


回復期リハビリテーション病棟入院の方へは休日もリハビリテーションを提供できる体制となりました。一週間の疲労やストレスをリセットし、リフレッシュできるような取り組みについても検討していきたいと考えております。


所沢ロイヤル病院_回復期リハビリテーション

所沢ロイヤル病院_回復期リハビリテーション

病棟(病室)とリハビリテーション室が一体となっています

リハビリテーション室の入口写真


病院の2階部分は病棟(病室)とリハビリテーション室が併設されているので、行き来がとてもスムーズです。

建物の構造からも、リハビリテーションと入院生活が一体となっています。


飲込みが悪く、むせる方などの『嚥下リハビリ』を積極的に行っています


リハビリテーション専門医による嚥下造影検査を実施し、食事形態を工夫しながら患者さまに合った適切な食事環境を見つけていきます。 状況によってはPEG(胃ろう造設)等も行うことができます。


退院後も安心していただける体制が整っています


退院後も当院の関連施設等と協力して『訪問リハビリ』や『通所リハビリ』など退院後の患者さまの状況に応じていろいろなサービスをご紹介いたします。


ご家族の方へのお願い


ご家族の方も大切なチームの一員です。

是非、ご家族の方々も入院中の病棟生活やリハビリテーションの場面に参加してください。ご本人の回復状況や実際の介助方法などについて実感して頂き、生活の方法や介助のポイントをご本人とともに共有してください。

外出・外泊時困ったことがあれば、スタッフにお伝えください。家族説明会はご本人や家族の方へ病状、看護、介護、リハビリの現状や今後の計画等について説明させて頂きますので、ご来院ください。

所沢ロイヤル病院_回復期リハビリテーション
所沢ロイヤル病院_回復期リハビリテーション


ページのTOPへ