医療療養病棟

医療療養病棟のご案内


医療療養病棟 3~6階病棟(240床)

療養病棟は、急性期病院で入院治療を終えた患者さまや在宅療養中の方などで、入院による医療、看護、リハビリが必要な方を対象に、入院生活の中で自立した日常生活行動を支援し在宅生活への復帰を目指します。

入院中に病状の悪化や精密検査などが必要な場合には、連携医療機関にて治療を受けることができます。


病棟の特徴

  ・「おもてなし」の発想で生まれた、明るく温かみのある家庭的な雰囲気の病棟。

  ・維持的な人工呼吸器利用患者さまの受け入れ。

  ・様々な難病患者さまの受け入れ実績に基づいた、適切な医療環境の提供。

  ・末期がん患者さまに対しての、苦痛を和らげることを目的とした緩和ケア対応。

  ・自宅での治療に不安のある方や、他の施設に利用に向けての短期間入院の受け入れ。

  ・在宅医療をされている方のご家族さまの休憩を目的としたレスパイト入院の受け入れ。



医療療養病棟4階スタッフ
医療療養病棟4階スタッフ


医療療養病棟6階スタッフ
医療療養病棟6階スタッフ


在宅復帰機能強化加算について


医療療養病棟240床の内、5階病棟60床について在宅復帰機能強化加算の届出をしております。

急性期病院にとっては「在宅」へ退院するカウントになり、さらに継続的な治療が必要で、将来の在宅の在宅復帰を希望される患者さまの転院先としてさらにお役に立てる病棟です。

当院では、今後も地域の急性期病院からも積極的に患者さまを受け入れ、患者さまの状態に応じて必要な治療の継続、リハビリテーションなどを実施します。そして可能な限り在宅へ復帰することを目的とする療養病棟として地域の皆さまと一緒に取り組んで參ります。


ページのTOPへ