リハビリテーション科

リハビリテーション科 室長小林信吾

『再び、その人らしく活き活きとした生活が過ごせますよう
総合的にリハビリテーションを提供します。』


リハビリテーション科は、回復期や慢性期(生活期)の患者さまの病状や障がいに応じ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が患者さまへ個別に対応する体制を備えています。

日常生活に支障が生じている方や認知症をともなう方においても、“その人らしさ”を大切に活動的なくらしが過ごせますよう、ご本人やご家族とともに多職種でのチーム医療を推進しています。 食べ物を飲み込むことが難しい方に対しては、より安全に食べ易い食形態や姿勢などを提案し、食べられるものが広がるような関わりをしています。


リハビリテーション科 室長
小林 信吾
リハビリテーション科_全スタッフ


主な業務内容

・入院患者さまへの個別リハビリテーション
・外来患者さまへの個別リハビリテーション
・介護予防事業(所沢市より受託)

個別リハビリテーションの内容

・理学療法
・作業療法
・言語聴覚療法
・摂食嚥下療法
施設基準

・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
・廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
・がん患者リハビリテーション料

理学療法(PT)


座る、立つ、歩くなどの動作を通して活動的な日常生活をお過ごしいただけるよう各種運動を行ない、筋力、体力の回復をはかります。また、体を動かす事の楽しみや帰宅後にご自身で行なうホームトレーニングなどの指導も行ないます。

理学療法室の特徴

about_department_rehabilitation_img01

当院の訓練室は南向きで、太陽の光が沢山入ります。 院内でもっとも明るく、暖かい場所であり、リハビリ以外に病院の行事などにも使用されます。

窓の外にはテラスがあり、年間を通じいろいろな花や野菜が実り四季を感じながら、日々の練習を行なう姿がみられます。

作業療法(OT)


手指を使った運動や日常生活動作の(食事・着替え・トイレ他)のアドバイスおよび練習をします。 また、趣味的な活動の提供も行ないます。

作業療法室の特徴

about_department_rehabilitation_img02

作業療法室には制作活動での完成の喜びの声や、日常生活動作の達成、微笑みがあります。

また、スタッフと患者さまとのデュエットやコーラス、時には楽器の演奏など楽しそうな取り組みの様子も垣間見られます。テラスでの園芸活動も行なっています。

言語聴覚(ST)


言葉でお困りの方に、お話の練習やコミュニケーション手段獲得のための練習を行います。
また、食物の飲み込みや、食べるためのアドバイスおよび練習を行ないます。

言語聴覚室の特徴

about_department_rehabilitation_img03

当院のリハビリ施設の中ではもっとも新しい場所です。 集中を要する練習も多いため静かな場所にあり、スタッフと患者さまが向き合ってお話ができるよう配慮した空間です。内緒話がしたい時もどうぞ!!

ページのTOPへ